花、植物

2009年6月30日 (火)

どうしても思い出せない名前の花

大分市の佐野植物公園園庭でみました。以前にも見たことがあり、名前も覚えていたのですが、どうしても思い出せないです。

名前が分からなくても花の美しさは変わりません。今回は全体像を撮影していなかったです。部分的です。

もし、名前が分かれば嬉しいです。なお、撮影は6月初旬です。

Fumei_3 Fumei_4 Fumei_6 Fumei_8

| | コメント (83) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

ダリア

大分市の佐野植物公園園庭でみました。

多分全部「ダリア」と思います。

「ダリア」はキク科。ダリア属。原産地はメキシコです。

日本には1842年(天保13年)にオランダ人によってもたらされたようです。

花言葉:華麗、優雅、威厳など。

赤・オレンジ・黄色・白・ピンク・藤色・ボタン色・紫など、ダリアはバラやチューリップと並び、最も縹色のバラエティーに富んだ植物です。絞りや爪白のもの、コラレット咲きには花弁(大きな舌状花)とカラー(管状花を取り囲む小さな舌状花)の色が違う2色咲きのものがある。英語にblue dalkuaということばがありますが、青と緑の縹色はないそうです。

「ウィキペディアより引用しました」

Daria Daria_2 Daria_3 Daria_4 Daria_5

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

宿根ロベリア

大分市の佐野植物公園園庭で見ました。撮影は6月初めです。

多分「宿根ロベリア」と思います。

「宿根ロベリア」はキキョウ科。ロベリア(ミゾカクシ)属。原産地は南アフリカです。

秋まきの一年草で、草丈は15から20cmくらいと低く、ボール状に株が形成されてたくさんの花を付けます。寒さ、暑さに若干弱いのですが性質は丈夫で育てやすくプランター、鉢、コンテナ寄せ植え、地植など様々な用途で活躍します。

和名は「ルリチョウチョウ」といい、花のかたちがさながらチョウチョのように見えるからこの名前があります。

「ヤサシイエンゲイより引用しました」

開花時期は3月~7月です。

花言葉:謙遜

Humei Humei_2 Humei_3 Humei_4

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

白いアジサイ

近所の花です。私が勝手に「おばあちゃんの散歩道」と名付けているところで見ました。

今年は雨があまり降らず心配しています。梅雨空にはアジサイが似合います。テレビでアジサイがきれいに開花しているの見ると行ってみたいなあと思います。

そんな中白いアジサイを見ました。地味な感じですが、白には白の良さがあるような気がします。

しっとり雨に濡れたアジサイを撮影したいです。

九州は今日からしばらく雨が降って梅雨らしくなりそうです。水不足解消になれば良いのですが・・・。

品種は分かりません。

Ajisaisiro Ajisaisiro_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

額紫陽花(がくあじさい)

我が家の花と近所の花です。

我が家のは白です。これは時間が経つと赤に変化します。

「額紫陽花(がくあじさい)」はアジサイ科(ユキノシタ)科。アジサイ属。ガクアジサイ(額紫陽花)は周辺の花びらだけが開きます(装飾花といいます)。それがちょうど額縁のように見えます。
 園芸品種には色のより鮮やかなものや,周りの装飾花が八重になったものなどもあります。

Gakuajisai_2 Gakuajisai 001

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年6月25日 (木)

グロキシニア

大分市の佐野植物公園温室でみました。撮影は6月初旬です。

グロキシニアはイワタバコ科。シンニギア属。

グロキシニアはブラジル原産で春に植え付けを行う球根植物です。赤や白、紫などの花色があり、一重、八重、覆輪(花びらに縁取りが入る)咲きなどのバラエティーがあります。

花の表面はベルベットのようになめらかで艶のある光沢が美しく、誰が言ったか「室内園芸植物の女王」の名前にふさわしい植物です。 現在市場で出回っているものの多くは「シンニギア・スペキオサ」と「シンニギア・レギナ」の2種をかけ合わせて作られた園芸品種です。

(グロキシニアの育て方より引用しました)

Gurokisinia Gurokisinia_2 Gurokisinia_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

フクシア

大分市の佐野植物公園温室でみました。撮影は6月初旬です。

フクシアは、アカバナ科の常緑低木で、原産地は中南米です。南米といっても、高地に生えている植物なので、高温多湿の日本の夏の暑さには弱いです。

別名をホクシャ・ツリウキソウ(釣浮草)ともいい、英名ではLady's eardrops(貴婦人の耳飾り)という優美な名前を持っています。

花は、イヤリングのようにぶら下がって咲き、欧米ではポピュラーな花鉢として人気があります。花色は、赤・紫・白・ピンク・オレンジなど多彩で、大輪・八重咲き・斑入りのものなど多くの品種が作られています。

(フクシアの育て方より引用しました)

Fukusia Hukusia Hukusia_2 Hukusia_3

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

アルストロメリア

大分市の佐野植物公園園庭でみました。

今まで「アリストロメリア」と名前を間違って覚えていました。撮影は6月頭です。

「アルストロメリア」はヒガンバナ(ユリ)科。ユリズイセン属。(このほかアルストロメリア科・属も見られます)原産地は南米(ブラジル、チリ、ペルー)です。

アルストロメリアは花の色も豊富でとても美しい花を咲かせます。花持ちもそこそこよく切り花にも利用できるので人気のある草花です。何と言っても斑点が印象的です。

昭和初期頃渡来しているようです。

花言葉:凛としている、エキゾチックなど

Arisutoromeria Arisutoromeria_2 Arisutoromeria_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

オーストラリアン ブルーベルズ

我が家の花です。

「オーストラリアン ブルーベルズ」はトベラ科。ソリア属。原産地はオーストラリア西部です。

花の大きさは1cmほどで小さな花です。

学名はソリア【Sollya heterophylla】、和名を「ヒメツリガネ」といい、オーストラリアン・ブルーベルズ【Australian bluebells 】というのは英名だそうです。

その名の通り元々はオーストラリア原産の小さな花です。学術的には名前がいろいろあってややこしいですが、一般的にはオーストラリアン・ブルーベルズ、もしくはブルーベルの名で売られているようです。

花期は今頃から8~9月ごろまでという事なので、まだまだこれからが本番の花です。

(オーストラリアンブルーベルズより引用しました)

Osutorariannburuberuzu Osutorariannburuberuzu_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

不思議な植物

大分市の佐野植物公園園庭でみました。不思議な植物です。

多分「スモークツリー」と思います。撮影は6月になってからです。

「スモークツリー」は色々な呼び方があるようです。

「スモークツリー」はウルシ科。ハグマノキ(コティヌス)属。原産地は中国、ヨーロッパです。

「スモークツリー」っていったい何?と思ってたら、糸状のけむり状のものがボワーッと出てます。これが「スモーク」みたいに見えます。

花言葉:賢明、煙に巻く

Sumokuturi Sumokuturi_2

       

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧