« 白いアジサイ | トップページ | ダリア »

2009年6月28日 (日)

宿根ロベリア

大分市の佐野植物公園園庭で見ました。撮影は6月初めです。

多分「宿根ロベリア」と思います。

「宿根ロベリア」はキキョウ科。ロベリア(ミゾカクシ)属。原産地は南アフリカです。

秋まきの一年草で、草丈は15から20cmくらいと低く、ボール状に株が形成されてたくさんの花を付けます。寒さ、暑さに若干弱いのですが性質は丈夫で育てやすくプランター、鉢、コンテナ寄せ植え、地植など様々な用途で活躍します。

和名は「ルリチョウチョウ」といい、花のかたちがさながらチョウチョのように見えるからこの名前があります。

「ヤサシイエンゲイより引用しました」

開花時期は3月~7月です。

花言葉:謙遜

Humei Humei_2 Humei_3 Humei_4

|

« 白いアジサイ | トップページ | ダリア »

花、植物」カテゴリの記事

コメント

宿根なのですね。こちらも買ったことがあるはずですが、残りません。

投稿: kazuyoo60 | 2009年6月28日 (日) 07時05分

宿根ロベリア花色も多く楽しめそうですね。
ブルーの花色は別名のルリチョウソウにピッタリです。

投稿: mico | 2009年6月28日 (日) 09時52分

こんにちは
今日の宿根ロベリアは家でも咲いています。
小さくて可愛い花で大好きです。
色も良い色ばっかりですね。
和名をルリチョウチョウと言うのですね。
有難うございました。

投稿: 花ぐるま | 2009年6月28日 (日) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156204/30311120

この記事へのトラックバック一覧です: 宿根ロベリア:

« 白いアジサイ | トップページ | ダリア »