« 2009年5月 | トップページ

2009年6月

2009年6月30日 (火)

どうしても思い出せない名前の花

大分市の佐野植物公園園庭でみました。以前にも見たことがあり、名前も覚えていたのですが、どうしても思い出せないです。

名前が分からなくても花の美しさは変わりません。今回は全体像を撮影していなかったです。部分的です。

もし、名前が分かれば嬉しいです。なお、撮影は6月初旬です。

Fumei_3 Fumei_4 Fumei_6 Fumei_8

| | コメント (83) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

ダリア

大分市の佐野植物公園園庭でみました。

多分全部「ダリア」と思います。

「ダリア」はキク科。ダリア属。原産地はメキシコです。

日本には1842年(天保13年)にオランダ人によってもたらされたようです。

花言葉:華麗、優雅、威厳など。

赤・オレンジ・黄色・白・ピンク・藤色・ボタン色・紫など、ダリアはバラやチューリップと並び、最も縹色のバラエティーに富んだ植物です。絞りや爪白のもの、コラレット咲きには花弁(大きな舌状花)とカラー(管状花を取り囲む小さな舌状花)の色が違う2色咲きのものがある。英語にblue dalkuaということばがありますが、青と緑の縹色はないそうです。

「ウィキペディアより引用しました」

Daria Daria_2 Daria_3 Daria_4 Daria_5

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

宿根ロベリア

大分市の佐野植物公園園庭で見ました。撮影は6月初めです。

多分「宿根ロベリア」と思います。

「宿根ロベリア」はキキョウ科。ロベリア(ミゾカクシ)属。原産地は南アフリカです。

秋まきの一年草で、草丈は15から20cmくらいと低く、ボール状に株が形成されてたくさんの花を付けます。寒さ、暑さに若干弱いのですが性質は丈夫で育てやすくプランター、鉢、コンテナ寄せ植え、地植など様々な用途で活躍します。

和名は「ルリチョウチョウ」といい、花のかたちがさながらチョウチョのように見えるからこの名前があります。

「ヤサシイエンゲイより引用しました」

開花時期は3月~7月です。

花言葉:謙遜

Humei Humei_2 Humei_3 Humei_4

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

白いアジサイ

近所の花です。私が勝手に「おばあちゃんの散歩道」と名付けているところで見ました。

今年は雨があまり降らず心配しています。梅雨空にはアジサイが似合います。テレビでアジサイがきれいに開花しているの見ると行ってみたいなあと思います。

そんな中白いアジサイを見ました。地味な感じですが、白には白の良さがあるような気がします。

しっとり雨に濡れたアジサイを撮影したいです。

九州は今日からしばらく雨が降って梅雨らしくなりそうです。水不足解消になれば良いのですが・・・。

品種は分かりません。

Ajisaisiro Ajisaisiro_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

額紫陽花(がくあじさい)

我が家の花と近所の花です。

我が家のは白です。これは時間が経つと赤に変化します。

「額紫陽花(がくあじさい)」はアジサイ科(ユキノシタ)科。アジサイ属。ガクアジサイ(額紫陽花)は周辺の花びらだけが開きます(装飾花といいます)。それがちょうど額縁のように見えます。
 園芸品種には色のより鮮やかなものや,周りの装飾花が八重になったものなどもあります。

Gakuajisai_2 Gakuajisai 001

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年6月25日 (木)

グロキシニア

大分市の佐野植物公園温室でみました。撮影は6月初旬です。

グロキシニアはイワタバコ科。シンニギア属。

グロキシニアはブラジル原産で春に植え付けを行う球根植物です。赤や白、紫などの花色があり、一重、八重、覆輪(花びらに縁取りが入る)咲きなどのバラエティーがあります。

花の表面はベルベットのようになめらかで艶のある光沢が美しく、誰が言ったか「室内園芸植物の女王」の名前にふさわしい植物です。 現在市場で出回っているものの多くは「シンニギア・スペキオサ」と「シンニギア・レギナ」の2種をかけ合わせて作られた園芸品種です。

(グロキシニアの育て方より引用しました)

Gurokisinia Gurokisinia_2 Gurokisinia_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

フクシア

大分市の佐野植物公園温室でみました。撮影は6月初旬です。

フクシアは、アカバナ科の常緑低木で、原産地は中南米です。南米といっても、高地に生えている植物なので、高温多湿の日本の夏の暑さには弱いです。

別名をホクシャ・ツリウキソウ(釣浮草)ともいい、英名ではLady's eardrops(貴婦人の耳飾り)という優美な名前を持っています。

花は、イヤリングのようにぶら下がって咲き、欧米ではポピュラーな花鉢として人気があります。花色は、赤・紫・白・ピンク・オレンジなど多彩で、大輪・八重咲き・斑入りのものなど多くの品種が作られています。

(フクシアの育て方より引用しました)

Fukusia Hukusia Hukusia_2 Hukusia_3

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

アルストロメリア

大分市の佐野植物公園園庭でみました。

今まで「アリストロメリア」と名前を間違って覚えていました。撮影は6月頭です。

「アルストロメリア」はヒガンバナ(ユリ)科。ユリズイセン属。(このほかアルストロメリア科・属も見られます)原産地は南米(ブラジル、チリ、ペルー)です。

アルストロメリアは花の色も豊富でとても美しい花を咲かせます。花持ちもそこそこよく切り花にも利用できるので人気のある草花です。何と言っても斑点が印象的です。

昭和初期頃渡来しているようです。

花言葉:凛としている、エキゾチックなど

Arisutoromeria Arisutoromeria_2 Arisutoromeria_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

オーストラリアン ブルーベルズ

我が家の花です。

「オーストラリアン ブルーベルズ」はトベラ科。ソリア属。原産地はオーストラリア西部です。

花の大きさは1cmほどで小さな花です。

学名はソリア【Sollya heterophylla】、和名を「ヒメツリガネ」といい、オーストラリアン・ブルーベルズ【Australian bluebells 】というのは英名だそうです。

その名の通り元々はオーストラリア原産の小さな花です。学術的には名前がいろいろあってややこしいですが、一般的にはオーストラリアン・ブルーベルズ、もしくはブルーベルの名で売られているようです。

花期は今頃から8~9月ごろまでという事なので、まだまだこれからが本番の花です。

(オーストラリアンブルーベルズより引用しました)

Osutorariannburuberuzu Osutorariannburuberuzu_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

不思議な植物

大分市の佐野植物公園園庭でみました。不思議な植物です。

多分「スモークツリー」と思います。撮影は6月になってからです。

「スモークツリー」は色々な呼び方があるようです。

「スモークツリー」はウルシ科。ハグマノキ(コティヌス)属。原産地は中国、ヨーロッパです。

「スモークツリー」っていったい何?と思ってたら、糸状のけむり状のものがボワーッと出てます。これが「スモーク」みたいに見えます。

花言葉:賢明、煙に巻く

Sumokuturi Sumokuturi_2

       

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

私だけが知らない花

大分市の佐野植物公園園庭でみました。初めて見る花です。

木の花です。大きな花ではありません。撮影は6月になってからです。

名前が分かると良いなあと思います。

Fumei Fumei_2 Fumei_5

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

タイサンボク

大分市の佐野植物公園園庭でみました。

高いところで咲いていましたので撮影は難しかったです。多分「タイサンボク」と思います。

「タイサンボク」はモクレン科。モクレン属。

「タイサンボク」は北アメリカ原産のモクレンで、日本へは130年ほど前に導入されました。裏側へ反りかえった葉は硬くて大きく、表面は黒緑色でツヤツヤ光り、裏面は鉄サビ色のフェルト状の毛で被われています。日本の気候にうまくマッチしたのか各地で大木になり、ちょうど梅雨時分に白い大きな花を咲かせ、和歌や俳句にもうたわれるなど人々にたいへん親しまれています。

”タイサンボク”より引用しました。

Taisannboku Taisannboku_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

花菖蒲(はなしょうぶ)

私が通院している病院でみました。切り花です。

普段目にする青ではなくて白でした。

花菖蒲は野花菖蒲を原種とする園芸品種です。

「花菖蒲」はアヤメ科。アヤメ(アイリス・イリス)属。梅雨時期が最盛期です。500年くらいの栽培の歴史があるそうです。         

花の系統は江戸系、肥後系、伊勢系の3つに大きくわかれます。                           
  (その他に、長井古種とアメリカ系、があります)

花言葉:嬉しい知らせ、心意気

Hanasyoubu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

キンシバイ

佐野植物公園園庭でみました。撮影は6月になってからです。

「キンシバイ」はオトギリソウ科。オトギリソウ属。「キンシバイ」は中国中部原産の半落葉低木です。公園や庭園などに植栽されています。枝分かれして先端は垂れ下がり、樹高は1mを越える程度になります。葉は対生で葉柄はありません。6月頃から7月にかけ、直径3~4cmほどの花を開きます。

和名は漢名の「金糸梅」であり、花弁の形と雄しべの様子は、なるほど金色の梅です。雄しべはたくさんありますが、5群に分かれています。

本当は「ヒペリカリ・ヒドコート」と言うらしいです。

Kinnsibai Kinnsibai_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

シラー

散歩中に見ました。撮影は5月です。

多分、「シラー」と思います。シラーの中でも「シラー・ベルビアナ」ではないかと思います。

「シラー」はユリ科。シラー属。原産地はヨーロッパ、アジア、南アフリカです。

ヨーロッパ、アジア、アフリカの主に温帯に約100種が分布する秋植え春咲きの球根植物で、日本にも「シラー・キネンシス(和名:ツルボ)」が自生しています。学名のScilla は園芸ではシラーと読むことが多いですが、スキラ、スキルラと読むこともあります。品種により草丈や花姿、開花期が異なりますが、おおむね耐寒性があり育てやすい植物です。

「ヤサシイエンゲイより引用しました」

Sira

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

ヒメヒオウギアヤメ

我が家の花です。撮影は5月です。

「ヒメヒオウギアヤメ」はアヤメ科。アノマテカ属。原産地は南アフリカです。

赤と白の2色があります。どちらがお好みですか?下側の 3 枚の花びらの付け根に濃い部分があり,アクセントになっています。

今日でようやくこのブログも5ヶ月目になりました。休み休みの更新です。これからも宜しかったらご覧頂けると嬉しいです。

Hiougiayame_3 Hiougiayame_4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

バンマツリ

我が家の花です。撮影は5月です。後少し5月の花が続きます。

「バンマツリ」はナス科。バンマツリ属。原産地は南アメリカです。明治末期に渡来しているようです。

漢字では「蕃」は外国,「茉莉」はジャスミンのことですが,ジャスミンの仲間ではなく,ナス科の植物です。
 花は咲いたときは紫で,日にちが経つに連れ白くなります。不思議な花です。

Bannmatiri Bannmatiri_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

スカシユリ

我が家の花です。撮影は5月です。(今現在でも咲いています)

多分、スカシユリと思います。

「スカシユリ」はユリ科。ユリ属。原産地は日本、朝鮮他です。

花びらの間が透いているのでスカシユリと呼ばれるそうです。花の色はさまざまあるようです。ところで,百合の花びらは 6 枚ではなく,花びらは 3 枚で,後の 3 枚は萼(がく)です。

Sukasiyuri_6 Sukasiyuri_5

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

カマツカ

私が通院している病院の花壇でみました。撮影は5月です。もう少し5月の花が続きます。

「カマツカ」は漢字では「鎌柄」で材が硬くて丈夫なため鎌の柄に使われたのでこの名があります。

「カマツカ」はバラ科。カマツカ属。原産地は日本、中国、朝鮮です。

小さな花がかたまって咲いています。

Kamatuka_2 Kamatuka_5

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

ダッチアイリスその2

運転中に偶然見ました。昨日とは撮影場所は違います。撮影は5月です。

多分、ダッチアイリスの黄色花と思います。

「ダッチアイリス」は文目科。アヤメ(アイリス・イリス)属。原産地は地中海沿岸です。

花言葉:吉報、優しい心

紫、黄色と見たのでまだ見たことがない白色も見たかったです。残念ながらそれは来年になります。どこかで出会えると良いなあと思います。

040

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

ダッチアイリス

散歩中に見ました。撮影は5月です。

多分、ダッチアイリスと思います。

「ダッチアイリス」はアヤメ科。アヤメ(アイリス・イリス)属。原産地は地中海沿岸です。

オランダで品種改良されたのでこの名前がついたようです。

アヤメの仲間は似た花が多く、これは根が球根のタイプのダッチアイリスです。他にダッチアイリスを全体的に小さくしたようなミニアイリス、同じアイリスのジャーマンアイリスという種類もあり、これは根茎で花びらが大きいです。

Airisu Airisu_3

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

アマリリス

散歩中に民家の花壇で見ました。撮影は5月です。

「アマリリス」はヒガンバナ科。ヒッペアストラム属。原産地は南アメリカです。

中輪で花びらが細い目の在来種とオランダなどからポット植えで輸入される大輪で花びらの丸っこい品種があります。在来種は丈夫で比較的暑さ寒さにも強いのですが、花色が豊富で花の大きな輸入品種の方に人気があります。園芸品種の歴史も深く古くは18世紀頃から改良されています。花色はピンク、赤、白を基調として模様が入るものなど様々あります。

「ヤサシイエンゲイより引用しました」

Amaririsu_2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

ギンギアナム

我が家の花です。これも撮影は5月です。暫く5月の花が登場します。

「ギンギアナム」はラン科。デンドロビューム属。原産地はオーストラリアです。

ギンギアナムは海抜1000mぐらいの所の岩に着生している蘭で、春にピンクや白色をした小さな花を沢山咲かせます。ピンクはまだ見たことがないです。

Ginngianamu

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

オオデマリ

病院の花壇で見ました。これも撮影は5月です。少し前に咲いていた花です。

「オオデマリ」はスイカズラ科。ガマズミ属。原産地は日本です。

オオデマリは日本に自生するヤブテマリの園芸品種で高さが2~3mになる落葉性の低木です。5~6月に緑がかった白色の花を密集して球状に咲かせます。この花は雄しべと雌しべの退化した「装飾花(飾り花)」で実は付けません。まとまった球状の花は直径10cmから大きなもので20cm近くになり、まさしくオオデマリ(大手鞠)の名がぴったりです。花の咲き方や雰囲気がどことなくアジサイに似ています。

”ヤサシイエンゲイより引用しました”

Oodemari

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

コデマリ

我が家の花です。撮影は5月です。少し前の花です。

「コデマリ」はバラ科。シモツケ属。原産地は中国です。

小さな花が丸く集まり、手毬のように咲くことから「小さな手毬」で「小手毬」になったそうです。

花言葉:友情

Kodemari Kodemari_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

カシワバアジサイ

私の家の近くのパン屋さんの花壇でみました。

多分、「カシワバアジサイ」と思います。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カシワバアジサイは、アジサイ科(ユキノシタ科)アジサイ属(ハイドランジア属)の落葉低木。学名はHydrangea quercifolia。 原産地は北米東南部。花の色は白。

特徴

葉の形がカシワに似ていることが、和名の由来です。花は円錐状あるいはピラミッド型に付く独自の形状をしており、5月~7月に真っ白い花を付けます。八重咲きと一重咲あります。一般のアジサイとは異なり全体の印象としては木のボリュームに比し、花が少ないのが特徴です。葉には切れ込みがあり、秋には紅葉します。

古くから日本にもあったが、最近、一般に出回り始めたそうです。

Piramiddoajisai

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

マンデビラ

我が家の花です。

「マンデビラ」はキョウチクトウ科。マンデビラ属。原産地は中南米です。

赤いラッパ型の花びらが鮮やかで熱帯らしい美しい花を次から次へと咲かせます。花期が長く初夏から秋まで花を咲かせ続けます。

Manndebira Manndebira_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

スパイダーツリー

大分市の郊外のショッピングモールの園庭でみました。

多分、「スパイダーツリー」と思います。

「スパイダーツリー」はヤマモガシ科。グレビレア属。原産地はオーストラリアです。

色鮮やかなブラシのような赤い花と、細く特徴のある葉が印象的な品種です。

Supaidaturi_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

花菖蒲(はなしょうぶ)

体調不良で休んでいました。少し元気になりました。気がつけば6月ですね。少しずつ更新していきます。

今日は我が家の花です。

「花菖蒲(はなしょうぶ)」です。ちょっと小振りです。

文目(あやめ)科。アヤメ属。花びらの中央部に黄色い筋があります。葉っぱは細長くて縦に筋(突起した脈)があります。

004 Hanasyoubu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ